UPUのIRCを買ってみる。

Blog, Germany, Life

 

UPUのIRCって知っていますか。

 

私は全然知りませんでした、なんのこっちゃ、暗号かいな、というくらい全力で知りませんでした。

 

どうやら、

UPU(UNION POSTALE UNIVERSELLE)というのは万国郵便連合の事らしく、ここで

IRC(International Return Coupon)と呼ばれる国際返信切手券を購入すると、

海外から郵送して貰う際に先方に負担を掛けずに受け取りたい時に便利な世界共通なサービス、というものらしいんですね!

へぇ!!

↓こういう紙のぺらぺらの切手券。

UPU IRC sample

 

 

 

 

 

で、先日デンマークのコペンハーゲンで掏られたお財布が拾われ、

デンマークの警察へ届けられ、そしてデンマークの日本大使館へ届けられたという

連絡がありまして、お財布を返送するからこのIRCを送ってくださいと言われたんです。ヽ(♡´∀`♡)ノ

 

それで、ドイツではどうやって購入できるかという話なんですが、日本郵便のサイトを見ると、ドイツでの取り扱いは

やっぱりDeutsche Post(ドイチェポスト、日本郵便みたいなもの)と書いてありました。

平日は仕事をしていて郵便局へ行けないので、早く受け取りたいと逸る気持ちを抑えつつ

土曜日の朝に(しか週末は開いてないから)近所の郵便局へ行って尋ねてみると

申し訳ない顔をしながらも、『ドイツ以外の国で使える切手はドイチェポストでは扱いません。』とバッサリщ(-д-щ)

 

そんなはずないじゃん!と改めて、次の週の土曜日に、Hbf(中央駅)前の大きな郵便局へ行ってみたところ

『Deutsche Postのサイトでオンライン販売のみ扱ってます。(さあ諦めてさっさとけーれ、と言われてるように感じた)』 Σ( ̄□ ̄;)!!!

どないやねん、そんなんやったら最初からネットでさっさと買えたやんけーと、

この悔しさをどこへ発散させたら良いのかもんもんしたものでした。

とりあえず、IRCの存在を知っている郵便局員に出会えただけでもラッキーだったのかも・・・。

 

で、結局わかったことは、

ドイツ語ではInternationaler Antwortschein (インターナチョナラー・アントヴォートシャイン:これまたそのままやんけーと突っ込みたくなるネーミング)と呼ばれ

一枚2€(現在)を数枚買うためだけに、オンラインショッピング送料3€が掛かる。

そして封筒に入れて送るのにまた1€弱掛かる・・・。

 

こ、こ、この電子化が進んでいる時代になんと手間の掛かって無駄の多いシステムなんじゃーーーー!!!!!!

Sponsored Link

スッキリしました。読んでくれてありがとうございました。

オサイフが返ってくるの楽しみだなぁ~~♪♪♪

 

2+

UPUのIRCを買ってみる。」への2件のフィードバック

  1. 私も使ってみましたら大問題発生!
    2ユーロのこの券、2015年9月の実効レートで1ユーロは135円なのに、
    日本到着後の換金額(切手)が何と130円だそうです。
    送付先から金額が足りないとの連絡があってビックリしました。
    また同じ金額を買って送らなきゃです。
    相手がPayPalとか使えてたらこんなことにはならなかったのに...orz

    0
    1. トシさん
      そうなんですね!換金額にまで要注意なんて、なんと厄介なIRC。。。(汗)

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA