エッセンの外国人局で住所変更を。

Blog, Essen, Germany, Life

Ausländeramt in Essen, Ruhr

Essenへ引越してから既に1ヶ月が経とうというところなのですが、

やっっと労働許可が下りてドルトムント(なんか)に用はなくなったので早速飛び込みでエッセンの外国人局へ行って住所変更の手続きをしてきました。

<所在地>

Ausländeramt in Essen, Ruhr

Address: Stadt Essen Ausländeramt, Schederhofstraße 45, 45145 Essen

Staatsangehörigkeits- und Ausländerbehörde

建物はこんなかんじですが、右下に小さく見える標識にAuslaenderbehördeとかなんとか書いてあるだけなので注意が必要です。

map-auslanderamt-in-essen

↑エッセン中央駅からだと、このへん。

Googleストリートビューで下見しておいたのでどうにかこうにか分かったけれど。。

けっこうわかりにくい。

必要なものは新住所が分かるもの、と言われていたので、大家さんと交わしたMietvertrag(賃貸契約書)とパスポートを持参しました。

(一応それ以外にも思いつく限りの書類は持参したのですが、私の場合は提出を要求されませんでした。)

 

まず、入り口で警備員さんに予約はあるか、何の用件かを聞かれ、予習してきたカタコトのドイツ語で必死に

『Ich möchte ummelden.. Ich habe in Dortmund gewohnt…!!』
(ワタシヒッコシタイアル。ドルトムントニスンデタヨ・・!)

 とか言っていたら、オーイエーと番号札を渡してくれ、中に入るとすぐに案内の人が担当者のデスクまで通してくれました。

金曜日のぎりぎり12時頃に行ったからラッキーだったのかいつもなのか、番号札が必要ないほど人影はまばらでした。

 

ドルトムントではいつも長蛇の列で並んで番号を貰うのに1時間、番号を呼ばれるのに更に1時間は当たり前でしたし

対応もものすごく悪かったので、また気分が悪くなる事をある程度想定して行っていたのであまりの呆気なさにこちらがビックリ。

住所変更も、Mietvertragのコピーを取っていたのと本籍や配偶者の有無、パスポート発行場所等を聞かれたくらいで15分もかからず終了!!

 

嫌がられるだろうなぁと思いながらダメモトで次のステップFinanzamt(税務署)手続きの詳細について質問したら、

こちらも住所と開館時間をメモしてくれるという親切さ!

・・・とは言え日本だったら普通の業務範疇内かもしれないけれど、今までのイヤーな経験でここの方々は神様なの!?というくらい嬉しくなってしまいました。

 

もうほんとに泣きそうになるくらいのスムーズさに感動して、無駄に警備員さんたちに

だんけしぇーーーん、チューーーース!!!!

と愛想を振りまきながらスキップしながら外国人局を後にしました!えへ!!

 

Sponsored Link

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA