エッセン旅。 フォルクヴァンク美術館 -Museum Folkwang-

Blog, Essen, Germany

 

世界遺産のツォルフェアアイン炭鉱遺産群に続きエッセンのもう一つの見どころと言えば、このフォルクヴァンク/フォルクワング美術館ではないでしょうか。

フォルクヴァンク美術館

1922年に設立されたこの美術館は、モダンアートのパイオニアとして発展し

ゴッホやセザンヌ、モネの絵画やロダンの彫刻など著名な作品を始め、

ドイツ国内のアーティストの作品が展示されています。

室内の写真が撮れないのがとっても残念ですが、

2010年に建て替えられた美術館はとってもお洒落!!

ガラス張りで緑に囲まれた広くてとても素敵な空間です。

フォルクヴァンク美術館_2

 

私が見入ってしまったのはドイツのロゴデザインの先駆者Wilhelm Deffke〈ウィルヘルム・デフケ〉(1887–1950)の作品展示。

現代的でとっても可愛くてお洒落で均衡の取れた素晴らしい作品たちです。

センスのいいフォントも圧巻です。

Ansichten der Ausstellung “Der Logopionier Wilhelm Deffke” im Museum Folkwang, Essen, 2013

因みにこの真ん中の作品・・三角に目。

もしかしてこのデフケさんもあの有名なアメリカ1ドル札に描かれている

ピラミッドアイの友愛組織の一員だったのかしら・・・?と想いを馳せてみたり。

 

その他にも頻繁に展示作品が入れ替わっているみたいです。

 

アクセスはエッセン中央駅からU-bahn U11かStrassenbahn 101,107に乗って二駅目のRuettenscheider Sternから徒歩約7分。

 

チケットはスタンダードが5€で期間限定エリアへの入場を希望する場合はプラス数ユーロだったかな?

詳しくはオフィシャルHPをどうぞ。

 

近いといつでも行けると思ってなかなか行かないものですが、私もまた定期的に覗きにいきたいなーと思っています。

素敵なカフェも併設されてますよ♪

Ruettenscheider Stern駅周辺にも、たくさんの素敵なカフェやレストランやバーもあるので、こちらの美術館へ行きつつ、オシャレストリートでぶらり、というのもおすすめです。

詳しくはこちらをどうぞ♪

s_P1127471

 

ちょっと話は変わりますが、日本生まれのmtのマスキングテープ

海外のどこの美術館のショップにも置いてありますよね!!すごい。

嬉しくなる瞬間です★

 

Sponsored Link

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA